銀行は中小企業の財務資料を信用していない

銀行からすれば、中小企業の財務資料が信用できないのは珍しいことではありません。決算書上、資産超過であっても、実態に引き直したら債務超過の可能性もある。というのが銀行の目線です。


・よくある確認事項

 ⇒現金

  ⬜︎業種的に不自然なほど多くないか?

 ⇒売掛金

  ⬜︎長期間固定化した回収不能な債権や倒産している債権はないか?売掛債権回転期間を業界平均と比較して乖離がないか?

 ⇒棚卸資産

  ⬜︎不良在庫や換金不能な資産や架空在庫はないか?回転期間が不自然ではないか?

 ⇒受取手形

  ⬜︎不渡手形、融通手形はないか?

 ⇒貸付金

  ⬜︎関連会社や代表者へ貸付しているものはないか?定期的な回収は可能か?関連会社の財務状況は健全か?

 ⇒仮払金

  ⬜︎相手方に支払能力はあるか?

 ⇒未収入金

  ⬜︎相手方に支払能力はあるか?

 ⇒有価証券・土地

  ⬜︎時価評価で不足がないか?

 ⇒建物その他

  ⬜︎償却不足がないか?

TFPコンサルでは、資金調達がしやすい財務体質作りや資金調達のコンサルティングを行っております。

お気軽にお電話ください。

050-8882-0780

TFPコンサル

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス関連の融資制度について

コロナの影響につき、2月ごろから資金調達のご相談を普段の数倍頂いております。 よくある質問をこの場に記載します。参考にして頂ければ幸いです。 Q.コロナ関連で利用できる融資制度はどの様な物があるのか? A.制度融資7種、取り扱い機関と利用要件は以下の通りです。 ・日本政策金融公庫  ⇒経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)   □「売上高が▲5%以上」といった数値要件にかかわらず、今後

Copyright © TFPmanagement,Ltd.All Rights Rserved.

  • Black Facebook Icon