【お客様の声】滋賀県 内装工事業

リスケジュール中に融資を受けられました


工事が多い時と少ない時と波があり、元々資金面で余裕がなかった時に取引先が売掛金を支払わず逃げてしまったため、

一気に資金繰りが厳しくなりました。 資金繰り表の付け方も自己流で、結局何がどうなっているのかよく分かっていませんでした。 そんな時に大村さんに見てもらうようになりました。 先の予測ができるようになったことが、精神的にどれほど助かっているか。 先日は、どうしてもお金が足りないという時に、大村さんの提案で銀行へ行き、資料を見せながら説明をしてもらいました。 するとリスケジュール中にもかかわらず、融資してもらえたんです。 これがなかったら会社は今頃どうなっていたか分かりません。 財務面に限らず、会社全体を見渡したうえで今後の方向性についても提案していただき、今、会社は大きく変わってきています。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

再生事例 収益不動産の売却と会社売却の事例

文具雑貨小売業をイオンなどの商業施設で3店舗展開している会社と、地元商店街で生活雑貨を販売している会社の2社を経営していたが、社長が高齢(70歳代)で収益・資金管理は税理士が月次試算表を作るのみであった。 試算表から問題点を発見し改善することもできない。 また銀行借入も個人所有の

再生事例 赤字原因となっていた大手通販会社との取引をやめ回復した事例

商品企画を大手通販会社が気に入り取引拡大。 しかし納期、単価、返品などの条件が大手通販会社から言われるままで赤字が拡大。 中国の提携工場の管理もできずB品の在庫ばかり増加し資金繰りひっ迫状態になった。 当社は、アイデアマンの創業者が特許を取り健康グッズの販売を行っていたが、大手通

再生事例 店舗閉鎖による赤字減少と派生ビジネスによる回復

婦人アパレルで大手流通から出店依頼もあり拡大していたが6店舗目を出店するあたりから店舗管理ができず、どんぶり勘定になり赤字を粉飾決算&銀行借入で賄っていた。 原因:屋台や催事といった行商から始めて30年、特色のある婦人服で人気がでて大手流通や商業ビル開発業者からの出店依頼もあった

Copyright © TFPmanagement,Ltd.All Rights Rserved.

  • Black Facebook Icon